車買取・中古車一括査定ならお任せ下さい。

今すぐ出来る!車査定でベストな中古車買取金額をゲット!


下記のフォームから簡単にご入力頂けます。
実績50万人利用!
 
 
 
 

プライバシーポリシー
当社がお客様の個人情報を他の目的で使用することは決してありません。
ただし、お客様がご入力した情報に基づき、各提携査定会社から「査定・見積もり」
のご案内などをメールまたは電話にて連絡する場合がございます。
WebCrew 当サイト提携の車買取査定会社は、150社の中からお住まいの地域や条件に合わせて、最大10社の車買取業者に一括査定依頼ができます。
中古車の買取一括査定ならバイカージャパン
速い・簡単・無料の一括査定について
1
2
3

プジョーについて

プジョーといえばブルーライオン

プジョーといえば鮮やかなフレンチブルー彩られたプジョーのロゴ「ブルーライオン」が代名詞です。

現在のプジョーはシトロエンとともに「PSA・プジョーシトロエングループ」の傘下にあります。これにともない現在のプジョーにはルノーとの姉妹車が存在しております。
またプジョーは自動車のみならず自転車やモーターサイクルもグループ内において生産されております。

プジョーのモデル名

プジョーのモデル名は、最近までは必ず数字3桁で真ん中には「0」が入っていました。これには著作権が伴っておりポルシェが901をネーミングしようとした時に、これに抵触したため見送られ911になった事は有名な話です。

プジョーのフラッグシップ「プジョー607」

現在のプジョーのフラッグシップは、プジョー607となります。このプジョー607は、プジョー605の後継として1999年に販売が開始されております。プジョー607はフランス国内においては主として公用車として用いられております。

日本向けのプジョー607の最高級グレードには3.0Lエンジンが搭載されておりましたが、残念ながらプジョーは日本市場からプジョー607は撤退させたため、日本市場におけるプジョーの最上位モデルはプジョー407となっております。

プジョーのレース活動

プジョーのレース活動といえば、現在は生産を終了してしまいましFFベースのプジョー205をベースとして制作されたWRC専用車プジョー205T16の活躍が忘れられません。

プジョー205参戦まではアウディが4WDの威力を遺憾なく発揮して王者として君臨していましたが、そこにプジョーはプジョー205ベースにミッドシップ化したプジョー205T16を投入しました。
その後はご存知のようにプジョー205T16はショートホイールベース・ミッドシップの運動特性をいかして輝かしい戦歴とともにラリー史にプジョー205の名前を刻みました。
WRCグループB終了後は、プジョー205T16はパリ・ダカール・ラリーに舞台を移し、プジョー205T16は後継のプジョー405T16とともにパリ・ダカール・ラリーにおいても4連覇の偉業をなしプジョーの名を刻んでおります。

プジョー中古車