自動車保険≪20社≫一括見積もり!一括で一番安い自動車保険がわかる!

自動車保険料の安さに特徴を持つ「ダイレクト系」!車保険を〈バイカージャパン〉にお任せ下さい。
車両情報入力
自動車メーカー名
Powered by 保険スクエアbang!
満期日まで、3日以上120日
未満の方が見積もり依頼の
主な対象です。
当社がお客様の個人情報を他の目的で使用することは決してありません。但し、お客様がご入力した情報に基づき、各提携保険会社から自動車保険見積もりのご案内等をメール又たは電話にて連絡する場合がございます。

1 中古車を購入したら自動車保険に加入しよう自動車保険とは

クルマに乗る上で欠かせないのが自動車保険です。自動車を所有したら、真っ先に加入するべきもとだと思いますとにかくいろいろな細かい規定があって、中身を詳しく理解できないこともあるかもしれませんが、もし、事故を起こしてしまった時、法律の損害賠償請求に対して、自腹で払えるなら必要はないでしょうが、場合によっては賠償額が数千万円から数億....万が一を考えて加入しておくことは必要でしょうね。実は、これには、自賠責と任意の2種類がある。自賠責は強制的に加入させられるもので、加入しなければ車検を受けることができないわけです。一方の任意は、その名の通り車の所有者が任意に入るもので、加入していなくても法的には問題がありません。すべての車が自賠責の加入を義務付けられているので、任意保険に入る必要はないように思えますが、自賠責と任意では補償金額が全く異なるわけです。本来、自賠責は被害者救済を目的としたものですから、保証されるのは対人のみなので、上限が4000万円までとなります。つまり、それを超える金額や事故で壊したものは保証されわけで、例えば、相手の車や自分の車、ガードレールや信号機にぶつかった場合の修理代は自賠責では対応できないわけです。それをカバーするものが任意であって、こちらは対人、対物の賠償額が無制限や、自分の車が壊れた場合の車両保険など、様々な補償がパッケージになっており、その補償範囲によって補償される金額も様々です。そういったことをカバーするからこそ、車を購入したら必ず加入しておくことが必要でしょう。また料金は新規契約なのか、継続契約なのかによっても変わってきます。ずっと無事故でいれば、年々下がってきます。


2保険料はどのように決まるのか?

では、保険料はどのように決まるのでしょう?実は、事故を起こす可能性を車のタイプや運転者の年齢、どれくらいの頻度で車を利用するかなど、様々な要素で分類をして料金を決めています。 勿論、事故を起こしやすい人、過去に事故を起こした経歴や事故の要因が大きいと判断される車に対しては料金を高く設定し、逆に事故を起こしにくい人、無事故の方には安く設定して加入者に不公平にならないようにしています。では具体的にどういう分類がされているかといえば、「車種・排気量」として、乗用車か貨物車か?排気量について言えば、1.5L以下(クラスA)1.5L超2.5L以下(クラスB)2.5L超(クラスC)2.5L超のディーゼルエンジン車(クラスP)と言う分類がされています。また、ノンフリート等級という契約ごとの事故歴の有無によって保険料が割引また、割増されるものがあります。初めて加入する時は、6等級から開始しますが、1年間無事故の場合は1等級ずつ上がり、翌年の料金が割引さてれていきますが、仮に事故を起こしてこれを利用すると事故1件対して等級が、3等級ダウンし、翌年の料金に反映されるというものです。このノンフリート等級は、一部を除きほとんどの会社間で引き継ぐことができるために、車を乗り換えてもそのまま適用されます。


3保険といっても、免責があることを知ろう

免責とは、事故を起こした際に契約者が負担する金額を示します。特に、対物賠償や車両に設定されていることがあります。どういうことかと言えば、どちらでも、仮に事故を起こしても、免責金額がないのであれば1円からでも保険金が出ますが、料金が高く設定され、次回更新時に等級が下がり料金が上がることになります。しかし、免責7万円であれば、例えば事故を起こしても70,000円以下の損害では支払われません。しかし、次回更新時に等級が落ちることもないというシステムです。


図書カードプレゼントキャンペーンについての注意事項
  • ※  このページから自動車保険一括見積もりサービスを利用された方が、図書カードプレゼントの対象となります。
  • ※  お見積り完了の翌月末に発送します。
  • ※  図書カードプレゼントは、お一人につき一台の車の見積もりに限らせていただきます。
  • ※  一台の車に対して家族の方が個々に一括見積もりサービを利用されても、対象はお一人分となります。
  • ※  この図書カードプレゼントは、保険契約を強制するものではございません。
  • ※  以下の場合、図書カードプレゼントの対象外とさせていただきます。
    • 満期日が120日以上先のお見積もりの場合
    • 入力内容が事実と相違する場合
    • イタズラやプレゼントの獲得のみを目的としたお申込みとみなされる場合
    • お申込み内容に不正があり、保険会社またはサイト運営会社である株式会社ウェブクルーが無効と判断した場合
    • ブラウザのcookieの設定を無効にされている場合、またはcookie機能のない機器からご利用された場合
    • 宛先不明等の理由によりプレゼントをお届けできない場合
    • 過去6ヵ月以内に「保険スクエアbang! 自動車保険」または「ズバット自動車保険相場比較」のサービスを利用された場合
自動車保険一括見積もりについての注意
  • ※ ウェブフォームでの見積もり依頼受付後、株式会社ウェブクルーの業務提携先各保険会社から車保険見積り結果についてお客様に直接連絡されます。各保険会社の見積り提供基準等により、お客様の条件によっては見積りできる保険会社数が制限される場合がございますのでご了承ください。
  • ※ 一括見積り依頼の対象は日本国内に限らせていただきます。「保険スクエアbang! 自動車保険」については、株式会社ウェブクルーが定める利用規約等が適用されますので、当該内容に同意の上ご利用ください。なお、「保険スクエアbang! 自動車保険」の内容、見積り発行の可否、内容、発行後の保険会社の自動車保険見積り金額について、インターネット・ソリューションズ株式会社一切関与しておらず、「保険スクエアbang! 自動車保険」の利用によってお客様に損害や不利益が発生した場合でもインターネット・ソリューションズ株式会社は一切の責任を負いません。
  • ※ 「保険スクエアbang! 自動車保険」は、株式会社ウェブクルーが運営するサービスです。インターネット・ソリューションズ株式会社は、「保険スクエアbang! 自動車保険」でお客様にご入力・ご回答いただいた情報を取得いたしません。個人情報を含むお客様のデータは、すべて株式会社ウェブクルーが取得し、同社から同社業務提携先である保険会社に提供されます。
  • ※ 「保険スクエアbang! 自動車保険」についてご不明な点がございましたら、株式会社ウェブクルーまでお問い合わせください。インターネット・ソリューションズ株式会社ではお答えできかねますので、ご了承ください。掲載している情報について、その内容の正確性、速報性、完全性、商品性、または合目的性等について、いかなる保証(明示的、黙示的を問いません)もいたしませんので、予めご了承ください。掲載している情報は常に変動していますので、最新の情報をご確認ください。
  • ※ 株式会社損害保険見直し本舗(保険取扱代理店)は、損害保険会社と損害保険代理店委託契約を締結し、株式会社ウェブクルーが運営するサイト(以下、当該サイト)に参加の上、損害保険の募集行為を行っております。
  • ※ アクサ損害保険・アメリカンホーム保険会社・共栄火災・ゼネラリ・ソニー損害保険・そんぽ24・チューリッヒ保険会社とは損害保険代理店委託契約を締結しており、当該サイト上では保険契約の媒介を行います。又、あいおいニッセイ同和損保・朝日火災・AIU保険会社・東京海上日動火災保険・日本興亜損害保険株式会社・富士火災・三井住友海上火災保険とは損害保険代理店委託契約を締結しており、当該サイト上では保険契約締結の代理を行います。
  • ※ 東京海上日動火災保険の資料送付とその後のご案内は、株式会社損害保険見直し本舗が行います。
  • ※ イーデザイン損害保険、SBI損害保険、セコム損害保険、セゾン自動車火災保険、三井ダイレクト損害保険に関しましては、直接、お客様と保険会社との契約になります。日新火災に関しましては、日新火災海上保険株式会社と損害保険代理店委託契約を締結している「青木保険事務所」とお客様との直接契約になります。
  • ※ 東京海上日動火災保険の資料送付とその後のご案内は、株式会社損害保険見直し本舗が行います。
  • ※ イーデザイン損害保険、SBI損害保険、セコム損害保険、セゾン自動車火災保険、三井ダイレクト損害保険に関しましては、直接、お客様と保険会社との契約になります。